アンビックについて

アンビックヒストリー

大正6年12月(1917) 日本フエルト帽体株式会社(資本金30万円)として設立
昭和9年2月(1934) 日本フエルト工業株式会社に商号変更
昭和20年6・7月(1945) 本社工場、戦災をうけ大半焼失、終戦後復興に着手
昭和27年3月(1952) 抱芯用フエルトを国内において初めて開発・発売
昭和30年4月(1955) 衣料用と手芸用フエルトを発売、国内においてフエルトの普及と衣料・手芸界進出の端緒を開く
昭和34年8月(1959) ケミカル ボンド式不織布「ヒメロン」を発売
昭和38年2月(1963) 工業用羊毛長尺フエルトに関しJIS指定工場となる
昭和38年11月(1963) ニードル パンチ フエルト製フィルター バグ「フェロン」を国内において初めて開発
昭和43年9月(1968) 複写機用 フエルトを国内で初めて市販
昭和46年10月(1971) アンダーカラー『フェルテース』を発売
昭和53年9月(1978) 湿布剤用不織布を発売
昭和57年4月(1982) 日本フエルト加工株式会社を設立
昭和61年4月(1986) サーマル ボンド式不織布「ヒメロンHM」を発売
平成8年8月(1996) 加工品の一部を中国にて委託加工開始
平成11年12月(1999) HVAF社(英国)と業務提携
平成12年4月(2000) アンビック株式会社に商号変更
平成12年4月(2000) ISO9002認証取得(ISO9001に更新済)
平成13年4月(2001) スパンレース式不織布による高機能フィルターバグを発売
平成13年6月(2001) 日本フエルト加工株式会社の商号を日本フエルト工業株式会社に変更
平成13年11月(2001) ISO14001認証取得
平成14年8月(2002) 株式交換により日本毛織株式会社のグループ企業となる
平成14年10月(2002) 中国江蘇省江陰市に現地法人「江陰安碧克特種紡織品有限公司」を設立
平成20年9月(2008) 香港に現地法人「安碧克(香港)有限公司」を設立
平成24年8月(2012) 上海に現地法人「安碧克(上海)貿易有限公司」を設立